スクリプト

セット済みのフェード時間を調整するスクリプト「[batch]@fIn_fOut.jsx」

[概要]

既に[auto]fIn_fOut.jsxで追加された自動フェード用のスライダー制御を一括で修正するスクリプト。

[使い方]

  1. 適用したいレイヤーを全て選択し、スクリプトを実行します。
  2. フェードイン秒数を入力します。
  3. フェードアウト秒数を入力します。

[オプション]

  • キャンセルを押した値はセットされません。
  • フェードインのみ適用したい場合はフェードインで秒数入力後OKを押し、フェードアウト入力プロンプトはキャンセルを押して下さい。
  • フェードアウトのみ適用したい場合はフェードイン入力をキャンセルし、フェードアウト秒数を入力します。

[解説]

function fIfOBatch(){    
    var selItmAll = app.project.activeItem.selectedLayers;
    var fInTime = prompt("fInの時間を変更", 1);
    var fOutTime = prompt("fOutの時間を変更", 1);
    
    for(i=0;i<selItmAll.length;i++){
        target=selItmAll[i].property("エフェクト")("fIn");
            if( (target != null)&&(fInTime != null) ){
                target(1).setValue(fInTime);
            }
        target=selItmAll[i].property("エフェクト")("fOut");
            if( (target != null)&&(fOutTime != null) ){
                target(1).setValue(fOutTime);
            }
    }//for selItmAll.length
}//function

app.beginUndoGroup("[batch]@fIn_fOut");
fIfOBatch();
app.endUndoGroup();

全選択レイヤーのエフェクト名”fIn”,”fOut”を検索して変更します。
これらのエフェクトの名前を変えていると変更できません。
逆に同じ名前のエフェクトがあれば値を変更してしまうので注意してください。

ダウンロード

フェードイン・アウトを自動化するスクリプト「[auto]fIn_fOut.jsx」前のページ

オーディオのフェードイン・アウトをエクスプレッションで自動化する次のページ

ピックアップ記事

  1. なぜ?After Effectsのレイヤーをエクスプレッションで効率化
  2. フリーランスの開業届提出は開業freeeでとにかく簡単に
  3. なぜ?After Effectsの操作を「スクリプト」で効率化

関連記事

  1. スクリプト

    使用フォント一覧をテキストファイル出力するスクリプト「exportFontName.jsx」

    実行すると、開いているaepファイルと同じフォルダに、使用フォント一…

  2. スクリプト

    これ以上ヌルレイヤーを増やしたくない人へのスクリプト「smartNuller.jsx」

    平面レイヤーフォルダに並ぶ複数のヌルレイヤーが気になる方へのスクリプト…

  3. スクリプト

    アイソメトリックビューを簡易的に実現するスクリプト「isometricCamera.jsx」

    インフォグラフィックスにも相性のいいアイソメトリックビュー風カメラを手…

  4. スクリプト

    選択レイヤーサイズのマスクをシェイプで描くスクリプト「addShapeMask@rect.jsx」

    テキストに合わせたサイズの、さらにサイズ追従するエクスプレッションを仕…

  5. スクリプト

    選択レイヤーのソーステキストを編集するスクリプト「textLayerEditor.jsx」

    選択した全テキストレイヤーのソーステキストを取り込み、テキストエリア上…

  6. スクリプト

    2つのレイヤー間に他レイヤーを整列するスクリプト「alignBetween2Layer.jsx」

    root(はじめに選んだ)レイヤーとgoal(最後に選んだ)レイヤーを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA