After Effects

「if文」でJavaScriptにハマる

今回はプログラムの醍醐味である「条件分岐」を学びます。

“もし○だったら▲の処理、○でなければ■の処理”と、条件に合わせて処理を変えることで、プログラミングの楽しさ、奥深さに触れていきます。

if文

JavaScriptではif文を覚えると、できることが一気に広がります。エクスプレッションでは、「ソーステキストがあれば、そのまま表示、なければデフォルトの文言を表示」。スクリプトでは「テキストレイヤーを選択していれば処理続行、選択レイヤーにテキストレイヤーがなければ処理を停止」など、プログラムの分岐や、エラーの巻き取りまでアイディア次第であらゆることが実現できます。

書き方

if( 条件を比較するための式 ){
  条件が「真(true)」の場合の処理
} else {
  条件が「偽(false)」の場合の処理
}

条件の式に合っている場合を「真(true)」、条件に合っていない場合を「偽(false)」と呼びます。

例えば「不透明度のレイヤー」に

if(position[0]<500){;
  opacity=0;
} else {
  opacity=100;
}

というエクスプレッションを記述すると、このレイヤーは左端から右に500px未満では、見えなくなります。

条件の比較方法

if文の条件の比較方法は下記の通りです。

比較演算子意味
==左辺と右辺が同じ
!=左辺と右辺が違う
<左辺が右辺未満
>右辺が左辺未満
<=右辺が左辺以上
>=左辺が右辺以上
===左辺と右辺が値も型も同じ

このように左辺と右辺を比較演算子で繋ぎ、正しければtrue、異なればfalseとなる処理を分けるトリガーが簡単に作れます。

複数の条件1

var point=30;

if(point>95){
  alert("合格です!");
}else{
  if(point>80){
    alert("もう少し");
  }else{
  alert("不合格!");
  }
}

if文を入れ子にすれば、条件を増やせます。

ただし多少煩雑になるため、次のif文があります。

複数の条件2

「else if文」

var point=30;

if(point>95){
  alert("合格です!");
}else if(point>80){
  alert("もう少し");
}else{
  alert("不合格!");
}

elseとifをひとまとめにした「else if」という記述があります。「else if」を繰り返すことで、何通りもの条件を追加しやすくなります。

複数の条件3

論理演算子

論理演算子意味
AND
&&
if(条件1 && 条件2){
条件1「かつ」条件2がtrueであれば
OR
||
if(条件1 || 条件2){
条件1「もしくは」条件2がtrueであれば
NOT
!
if(!条件){
条件がfalseであれば

if(条件1 != 条件2){
左辺と右辺が異なれば

if文で効率化を広げる

条件での分岐を行うことで、様々な処理を自動化できます。プログラムの可能性を一気に広げる知識ですので、if文を使いこなして、想像を上回る効率化を見つけていきましょう。

次回予告

次回はJavaScript内で意味を持ってしまう文字「”」や、使う機会が多い「改行」などはどう指定すればいいのか、特殊文字について学んでいきます。

下記リンクから飛べます。

ウィグルを簡単に適用するスクリプト「posWigglr.jsx」前のページ

JavaScriptでの特殊文字の指定方法次のページ

ピックアップ記事

  1. なぜ?After Effectsのレイヤーをエクスプレッションで効率化
  2. なぜ?After Effectsの操作を「スクリプト」で効率化
  3. フリーランスの開業届提出は開業freeeでとにかく簡単に

関連記事

  1. After Effects

    LINE画面.aep【専用爆速スクリプト付テンプレート】

    LINE風のやりとりをAfter Effectsで再現するテンプレート…

  2. After Effects

    「変数」でJavaScriptを効率化

    前回作ったエクスプレッションを変数で短く記述してみましょう。…

  3. After Effects

    「関数」でJavaScriptを自在に操る

    「お手軽エクスプレッションwiggle() で揺らす」で学んだ基本的…

  4. After Effects

    絵コンテ.aep【Aeで絵コンテ制作するアイディア】

    全てをAfter Effectsで作る体になってしまった方へ。…

  5. After Effects

    JavaScriptのループ処理「for文」

    JavaScriptでループ(繰り返し)処理を行えるfor文をご紹介…

  6. After Effects

    JavaScriptの「コメント」の書き方

    エクスプレッションを後で見直した際に分かりやすくする方法、「コメントア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA