スクリプト

自動スケール適用後に拡大か縮小か切り替えられるスクリプト「[tgl]@scaleAnimator.jsx」

[概要]

既に「[auto]scaleAnimator.jsx」を適用したレイヤーのズームイン・ズームアウトをトグル切り替えできるスクリプト。複数選択可。

[使い方]

  1. 拡大・縮小を切り替えたいレイヤーを全て選択する
  2. スクリプトを実行する

ズームイン状態のレイヤーはズームアウトへ、ズームアウト状態のレイヤーはズームインへトグル切り替えとなります。

利用シーンとしては「[auto]scaleAnimator.jsx」を適用した直後に、その動画にはズームアウトが合うと直感した場合など。

編集しながら「この写真はズームイン」「この写真はズームアウト」と個別に調整していくことがほとんどかと思われるので、編集最後に全部逆にしたいということは少ないでしょう。

[解説]

function fIfOBatch(){    
    var selItmAll = app.project.activeItem.selectedLayers;
    for(i=0;i<selItmAll.length;i++){
        var target=selItmAll[i].property("エフェクト")("ズームアウトに");
            if(target != null){
                target(1).setValue(1-target(1).value);
            }
    }//for selItmAll.length
}//function

app.beginUndoGroup("[batch]tgl@scaleAnimator");
fIfOBatch();
app.endUndoGroup();

全選択レイヤーのエフェクト名”ズームアウトに”チェックボックスを検索して切り替えます。ONならOFFに、OFFならONに。
例によってこれらのエフェクトの名前を変えていると変更できません。
逆に同じ名前のチェックボックスエフェクトがあれば値を変更してしまいます。

ダウンロード

自動スケール適用後に拡大率を一括変更できるスクリプト「[batch]@scaleAnimator.jsx」前のページ

エクスプレッションでグリッド上に均等配置する次のページ

ピックアップ記事

  1. フリーランスの開業届提出は開業freeeでとにかく簡単に
  2. なぜ?After Effectsの操作を「スクリプト」で効率化
  3. なぜ?After Effectsのレイヤーをエクスプレッションで効率化

関連記事

  1. スクリプト

    パスに沿ってレイヤーを均等配置するスクリプト「masktoPosPathAlign.jsx」

    全選択レイヤーをパスに沿って配置するスクリプト。…

  2. スクリプト

    フェードイン・アウトを自動化するスクリプト「[auto]fIn_fOut.jsx」

    レイヤーのインポイントからのフェードインと、アウトポイントまでのフェー…

  3. スクリプト

    使用エフェクト一覧をテキストファイル出力するスクリプト「exportFxName.jsx」

    実行すると、開いているaepファイルと同じフォルダに、使用エフェクト…

  4. スクリプト

    アイソメトリックビューを簡易的に実現するスクリプト「isometricCamera.jsx」

    インフォグラフィックスにも相性のいいアイソメトリックビュー風カメラを手…

  5. スクリプト

    オーディオのフェードイン・アウトを自動化するスクリプト「[auto]volfIn_fOut.jsx」…

    オーディオレイヤーの音量のフェードイン・フェードアウトをエクスプレッシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA