スクリプト

オーディオのフェードイン・アウトを自動化するスクリプト「[auto]volfIn_fOut.jsx」

[概要]

オーディオレイヤーの音量のフェードイン・フェードアウトをエクスプレッションを仕込んで自動化するスクリプト。「[auto]fIn_fOut.jsx」の音量版。

レイヤーのインポイントからのフェードインと、アウトポイントまでのフェードアウトがキーフレームなしで動作しますので、レイヤーの長さ変更強いというメリットがあります。

スライダーエフェクトのfIn、fOutに秒数を指定しています。(※フレーム数ではないことに注意)

仕様としてフェードイン中でもフェードアウトが優先して始まります。

[使い方]

  1. 適用したいオーディオレイヤーを選択し、スクリプトを実行します。
  2. 開いたプロンプトに音量フェードイン時間を秒数で入力します。
  3. 次のプロンプトに音量フェードアウト時間を秒数で入力します。

[オプション]

  • オーディオレベルが”0″<->”セットしている値”でフェードします。
  • オーディオレベル50なら0->50にフェードイン、50->0にフェードアウトです。
  • キーフレームを打っても合わせて動作します。

[解説]

function autoFadeSetter(){
actCmp=app.project.activeItem;
selItmAll=actCmp.selectedLayers;
    var fInTime = prompt("音量fInの時間を入力", 1);
    var fOutTime = prompt("音量fOutの時間を入力", 1);


    for(i=0;i<selItmAll.length;i++){
        if(selItmAll[i].property("エフェクト")("VolfIn")==null){
            fx[0]=selItmAll[i].property("ADBE Effect Parade").addProperty("ADBE Slider Control");
            fx[0].enabled=false;
            fx[0].name="VolfIn";
            fx[0](1).setValue(fInTime);
            fx[1]=selItmAll[i].property("ADBE Effect Parade").addProperty("ADBE Slider Control");
            fx[1].enabled=false;
            fx[1].name="VolfOut";
            fx[1](1).setValue(fOutTime);
        }
    
    selItmAll[i].audio.audioLevels.expression=
    'VolfIn = effect("VolfIn")(1);\r'+
    'VolfOut = effect("VolfOut")(1);\r'+
    '(time >= outPoint-VolfOut )?ease(time,outPoint-VolfOut ,outPoint,value,[-48,-48]):((VolfIn==0)?audio:ease(time,inPoint,inPoint+VolfIn,[-48,-48],value));';
    
    }//for
}

app.beginUndoGroup("[auto]volfIn_fOut");
autoFadeSetter();
app.endUndoGroup();

選択レイヤーへエクスプレッション制御>スライダーを適用し、名前を「VolfIn」「VolfOut」へ変更。

プロンプトで入力した数字をそれぞれ設定します。

オーディオレベルに追加されるエクスプレッションは下記の通りです。

VolfIn = effect("VolfIn")(1);
VolfOut = effect("VolfOut")(1);
(time >= outPoint-VolfOut )?ease(time,outPoint-VolfOut ,outPoint,value,[-48,-48]):((VolfIn==0)?audio:ease(time,inPoint,inPoint+VolfIn,[-48,-48],value));

シーンのカット・追加・延長によってBGMの尺をキーフレームで直す必要がなくなります。

ダウンロード

オーディオのフェードイン・アウトをエクスプレッションで自動化する前のページ

セット済みの音量フェード時間を調整するスクリプト「[batch]@volfIn_fOut.jsx」次のページ

ピックアップ記事

  1. なぜ?After Effectsの操作を「スクリプト」で効率化
  2. なぜ?After Effectsのレイヤーをエクスプレッションで効率化
  3. フリーランスの開業届提出は開業freeeでとにかく簡単に

関連記事

  1. スクリプト

    グリッド上に均等配置するスクリプト「posGridAlign.jsx」

    複数のレイヤーをグリッド状に整列させるエクスプレッションを仕込むスクリ…

  2. スクリプト

    選択レイヤーサイズのマスクをシェイプで描くスクリプト「addShapeMask@rect.jsx」

    テキストに合わせたサイズの、さらにサイズ追従するエクスプレッションを仕…

  3. スクリプト

    2つのレイヤー間に他レイヤーを整列するスクリプト「alignBetween2Layer.jsx」

    root(はじめに選んだ)レイヤーとgoal(最後に選んだ)レイヤーを…

  4. スクリプト

    使用フォント一覧をテキストファイル出力するスクリプト「exportFontName.jsx」

    実行すると、開いているaepファイルと同じフォルダに、使用フォント一…

  5. スクリプト

    レイヤーに連番を振るスクリプト「[_nn]seqNumRenamer.jsx」

    タイムライン上で連番管理したいレイヤーを選択した順に連番でリネームする…

  6. スクリプト

    パスに沿ってレイヤーを均等配置するスクリプト「masktoPosPathAlign.jsx」

    全選択レイヤーをパスに沿って配置するスクリプト。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA