エクスプレッション

お手軽エクスプレッションwiggle()で揺らす

今回は初めからAfter Effectsで用意されている関数「wiggle()」の使い方から、基本的な関数の記述方法を学びます。

関数の指定ルール

関数名を指定することで、該当のfunction(関数)を呼び出し実行します。

関数には()のままで実行できるもの、()の中に引数が必要なものがあります。

引数とは、関数に渡す必要がある指定値です。省略できるように作られている場合、省略すればデフォルト値が引数として自動で指定されます。

その点、wiggle()は2~5個の引数が指定でき、2つの引数は必要な関数です。また引数が足りなかったり多かったりすればエラーとなります。

wiggle()の引数

wiggle()はレイヤーを揺らす関数です。

wiggle(1秒間に揺らす回数, 揺れの大きさ, 細かさ, 揺れ大きさの倍率, 時間);

wiggle(2,15,1,.5,time);

のように最大5つの引数を指定し、揺れ具合をコントロールします。

初めの2つのみ必須で、後半3つは省略可能です。省略した場合は上記のグレーの数値がデフォルトで入ります。

引数の意味は、wiggle(1秒間に揺らす回数,揺れの最大ピクセル数);です。

wiggle(.5,100);

ならゆっくりと大きな揺れ、

wiggle(30,5);

なら素早く細かな揺れになります。

カメラにの位置に適用し3Dレイヤーに対して手ブレを表現したり、レイヤーそのものの位置に適用し震えを表現したりできます。

今回は手軽に一つのレイヤー位置に適用し、エクスプレッションの挙動を確認します。

挙動の確認

それぞれ指定の1秒間に揺らす回数、揺れの最大ピクセル数内で動いているのがわかります。

揺れ方は自身のレイヤー番号で変わるので、レイヤー順が変われば揺れ方が変わってしまいます。「揺れればいい」程度の際に使うエクスプレッションですので、一度決めたwiggleを、今後も厳密に同じ揺れ方をさせなければ破綻するようなコンポジションを作ってしまった場合、エクスプレッションを適用したプロパティ(今回は位置)を選択し、メニューの「アニメーション」>「キーフレーム補助」>「エクスプレッションをキーフレームに変換」してください。

次回予告

次回はJavascriptのみならず、プログラミングの醍醐味、「条件分岐」について学びます。

下記リンクから飛べます。

「変数」でJavaScriptを効率化前のページ

ウィグルを簡単に適用するスクリプト「posWigglr.jsx」次のページ

ピックアップ記事

  1. フリーランスの開業届提出は開業freeeでとにかく簡単に
  2. なぜ?After Effectsのレイヤーをエクスプレッションで効率化
  3. なぜ?After Effectsの操作を「スクリプト」で効率化

関連記事

  1. エクスプレッション

    アナログ時計でエクスプレッションの考え方を学ぶ

    エクスプレッションという「計算式で導くアニメーション」を、アナログ時…

  2. エクスプレッション

    3Dレイヤーの裏面を非表示にするエクスプレッション

    カードを3Dレイヤーを表裏に貼り付けて表現する場合、サイズがまったく…

  3. エクスプレッション

    2つのレイヤー間に均等配置させるエクスプレッション

    2つのレイヤーを「root」と「goal」として、その間に挟まれたレイ…

  4. エクスプレッション

    現在アクティブなフッテージ名を表示するエクスプレッション

    ガイドレイヤーにしたテキストレイヤーで、現在アクティブなレイヤーを一覧…

  5. エクスプレッション

    オートコンプリートでエクスプレッションを簡単適用

    プロパティのストップウォッチアイコンをキーを押しながらクリックで開く…

  6. エクスプレッション

    レイヤーを自動で拡大・縮小させるエクスプレッション

    選択レイヤーのインポイントからアウトポイントにかけて、指定した%サイズ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA